糖尿病は自覚症状がありません

健診で受診をすすめられてつい放置してしまいがちですが、血糖値が高い状態が10年続くと怖い合併症が出てきます。

糖尿病を放置すると、失明、足が腐ってきて切断、透析に

糖尿病の3大合併症で失明、片脚切断、週に3回透析に通院の状態になります。これらは最終的にはすべて起こります。

合併症を防ぐには?

初期に指摘された時点で適切な治療を行っていけば怖い合併症が起こる事を防ぐ事ができます。

糖尿病専門医の治療を受けましょう

糖尿病治療には、生活習慣の改善・食事療法・運動療法、内服薬での治療、インスリン療法があります。その方にあった適切な治療を専門医が提案いたします。

アルコール依存症などの合併

当院は毎日精神保健指定医による診察も行っております、特にアルコール依存症と糖尿病の併存は5年生存率が20%を切ります(5年以内に亡くなる方が8割以上です

医師

鳥居 みずき(とりい みずき)
内科認定医
糖尿病専門医
愛知医科大学 医学部医学科 卒業
一宮市立市民病院 初期研修医
一宮市立市民病院 糖尿病内分泌内科
静岡県立総合病院 内分泌代謝センター 副医長